診療科・部門のご案内

呼吸器・アレルギー外来

  • 特徴
  • トピックス
  • 診療予定
  • 担当医師紹介

呼吸器内科(睡眠呼吸センター) 「呼吸器・アレルギー外来」の特徴

呼吸器内科(呼吸器・アレルギー外来)

2診では呼吸器・アレルギー外来として診療を行っています。当科では呼吸器疾患全般に対応しています。
特に気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断・治療には、チーム(医師、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士、栄養士)で取り組んでいます。

呼吸器内科(睡眠呼吸センター) 「呼吸器・アレルギー外来」のトピックス

気管支喘息

気管支喘息は現在では気道(空気の通り道)の炎症によりおこる病気であることが分かり、その治療は抗炎症薬である吸入ステロイドが中心です。

また、気道の炎症により気管支は収縮するため、気管支を広げる薬として気管支拡張薬があります。気管支拡張薬には長時間作用型と短時間作用型があり、長時間作用型は喘息のコントロールに使用し、短時間作用型は発作の時に使用します。

当院で採用している吸入薬として、
  1.吸入ステロイド+長時間作用型気管支拡張薬の合剤
   ○ 1剤で気道炎症と狭窄両方に優れた効果を示します。
   ○ 2種類の薬が相互に作用し、相乗効果を示します。
  2.吸入ステロイド単剤
   ① ドライパウダー製剤
     吸った実感がほとんどなく、また吸うタイミングに注意する必要がありません。
   ② エアゾール製剤
     吸う力が弱くても吸入することができます。
  3.長時間作用型気管支拡張薬
  4.短時間作用型気管支拡張薬
があります。

喘息治療吸入薬(当院採用薬)

1-1.吸入ステロイド+気管支拡張薬(ドライパウダー製剤)

商品名

シムビコート
タービュヘイラー

アドエア
ディスカス

レルベア
エリプタ

写真

シムビコート

アドエア

レルベア

一般名

ブデソニド

ホルモテロール

フルチカゾン

サルメテロール

フルチカゾン

ビランテロール


1-2.吸入ステロイド+気管支拡張薬(エアゾル製剤)

商品名

アドエア
エアゾール

フルティフォーム

写真

アドエア125

アドエア125

一般名

フルチカゾン

サルメテロール

フルチカゾン

ホルモテロール


2-1.吸入ステロイド(ドライパウダー製剤:合剤を除く)

商品名

パルミコート
タービュヘイラー

フルタイド
ディスカス

アズマネックス
ツイストヘラー

アニュイティ
エリプタ

写真

パルミコート

フルタイド

アズマネックス

アニュイティ

一般名

ブデソニド

フルチカゾン

モメタゾン

フルチカゾン


2-2.吸入ステロイド(エアゾール製剤:合剤を除く)

商品名

オルベスコ
インヘラー

写真

オルベスコ

一般名

シクレソニド


3-1.長時間作用型気管支拡張薬(ドライパウダー製剤:合剤を除く)

商品名

セレベント
ディスカス

写真

セレベント

一般名

サルメテロール


3-2.長時間作用型気管支拡張薬(エアゾル製剤製剤:合剤を除く)

商品名

スピリーバ
レスピマット

写真

スピリーバ

一般名

チオトロピウム


4.短時間作用型気管支拡張薬

商品名

メプチンエアー

サルタノール
インヘラー

写真

メプチンエアー

サルタノール

一般名

プロカテロール

サルブタモール


吸入ステロイド薬Q&A

Q1 吸入ステロイド薬はなぜぜんそくに効くの?

A1 ぜんそくの患者さんの気道は、アレルギー性の炎症を起こして、過敏になっています。
そのため、たばこの煙や冷気などわずかな刺激にも反応して、発作を起こしやすい状態にあります。
吸入ステロイド薬は、気道炎症をしずめ、気道過敏性を軽減して、発作を予防します。
現実に、ステロイド吸入療法が普及してから、重症ぜんそくが改善し、内服薬が減量できたり、発作で救急外来を受診されたり入院される方が減っています。

Q2 軽いぜんそくでも吸入ステロイド薬を使うの?

A2 ぜんそくの気道炎症は慢性です。程度の差はあれ、軽症でも非発作時でも気道炎症は存在します。
そして気道炎症が長期化、重症化すると、気道の構造がこわれて、気道がかたく狭くなった状態が元に戻らなくなってしまう「リモデリング」が起こります。
このような回復不能なことが起こってからでは遅いので、できるだけ発症早期から炎症をしずめるステロイド吸入療法を始める必要があります。

Q3 ステロイドは副作用がこわいのでは?

A3 内服ステロイド薬は、血液循環に入り全身的作用を及ぼすので、長期に大量に用いると、胃潰瘍、骨粗鬆症、糖尿病など全身性の副作用の心配があります。
けれども吸入ステロイド薬は、気道局所に長くとどまって少量で強い効果を発揮し、肺から吸収されたり、口やのどに付着して飲み下されて腸管から吸収されても、肝臓で速やかに代謝、排泄されるよう開発された薬です。大量でなければ吸入ステロイド薬は全身的作用を及ぼしません。だから連用しても副作用がほとんどありません。

Q4 本当にステロイド薬に副作用はないの?

A4 考えられる副作用は、のどの刺激感、嗄声(かすれ声)、口腔内カンジダ症(口の中にカンジダというカビによる白い斑点ができる)など局所的なものに限られます。スペーサー(吸入補助器)を使用すること、吸入後にうがいをすること、でほとんど防ぐことができます。

Q5 吸入するとかえってせきが出るときは、やめていいの?

A5 ぜんそくのコントロールが悪いときは、気道が過敏な状態なので、吸入すら刺激となってせきが出ることがあります。
これは副作用ではなく、気道炎症悪化のサインなので、ステロイド吸入療法を中止してはますます炎症が悪化してしまいます。
まずβ2刺激薬を吸入した後にステロイド薬を吸入したり、あるいはまず内服ステロイドを短期間使用してから吸入ステロイドを再開するとよいので、主治医にご相談ください。

Q6 吸入を忘れたときはどうすればいいの?

A6 たとえば昼の吸入を忘れた場合は、夕に昼の分を足して2回分吸入するなど、時間はずれても、1日の吸入量は守りましょう。

Q7 ステロイド吸入療法はいつまで続ければいいの?

A7 気道炎症は慢性的で、発作がおさまっているときでも炎症は続いています。
ステロイド吸入療法を中止すると炎症は確実に悪化し、しばらくして再び症状が現れます。
そして「リモデリング」を起こさないためにも、中止することはむずかしいです。
ただし、症状が少なくとも3ヶ月以上安定しているときに、吸入量を減らすことは可能です。
自己判断で勝手に減量・中止しないで、主治医の指示に従い決められた吸入量を続けて、良い状態を長く維持しましょう。

Q8 妊娠中もステロイド吸入療法を続けていいの?

A8 吸入ステロイド薬は、体内の血液循環に入って胎盤を通過することがほとんどないので、胎児への影響はなく安全です。薬の影響以上に危険なのは、母親が妊娠中にぜんそく発作を繰り返し、おなかの赤ちゃんも酸素不足になることです。 ステロイド吸入療法でぜんそくを良好にコントロールすることが大切です。

Q9 発作が起きそうなときに、余計に吸入してもいいの?

A9 ステロイド薬は、慢性的な気道炎症を抑え、気道過敏性を改善し、発作を防ぐ「長期管理薬」です。発作が起きそうなときや起きてしまったときに早く楽にする「発作治療薬」ではありません。
「発作治療薬」としては、気管支拡張薬のβ2刺激薬吸入が有効です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDとは、慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、従来の肺気腫と慢性気管支炎を含みます。動作時の息切れ、咳、痰などが主な症状です。
COPDの原因のほとんどがタバコであり、気管や肺胞の炎症・破壊が起こります。加齢とともに呼吸機能の低下が徐々に進行し、やがて呼吸不全へとおちいります。
禁煙が一番の治療となります。

COPDの診断

COPDを診断するには、胸部レントゲン写真や肺機能検査、CT検査が有用です。
肺機能検査で一秒率(最初の一秒間の呼気量÷肺活量)が70%以下の場合をCOPDと診断します。
当院では、ご自身の肺機能をより分かりやすくご理解いただけるよう『肺年齢』を表示しています。

COPDの重症度
  • 軽症:咳・痰が出やすい
  • 中等症:運動時の呼吸困難、慢性の咳・痰
  • 重症:息切れの増加、生活に支障をきたす増悪の繰り返し
  • 最重症:慢性呼吸不全、生活が出来ない、在宅酸素療法(HOT)の導入、増悪による死亡の恐れ
COPDの治療

一定以上に進行したCOPDの治療には、お薬以外にも運動療法、栄養療法、酸素療法を含めた包括的な治療が重要となってきます。当院では多職種によるチームでCOPD診療に取り組んでおります。

重症ぜんそくに対する抗体療法

当院では、重症喘息の患者様へ抗体製剤による治療を行っています。
高用量の吸入ステロイド薬による治療を行っていても十分なコントロールを得られない患者は、重症喘息と診断されます。
重症喘息に対しては,気道の炎症を起こす原因であるアレルギー反応を抑える抗体製剤を使用した治療を行うことによって、今までの吸入薬を使っても残っている症状を改善して健やかな日常生活を送ることが期待できます。

現在、以下の生物学的製剤が重症喘息の治療に使えるようになっています。

  1. 製品名:ゾレア(一般名:オマリズマブ)
    喘息の方の場合、体の中でアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)に対するIgE抗体というタンパク質が
    大量につくられます。アレルゲンと結合したIgE抗体がマスト細胞(アレルギー反応に関わる細胞)にくっつくと、
    マスト細胞からヒスタミンなどが放出され、アレルギー反応(炎症)が起こります。
    抗IgE抗体には、IgE抗体がマスト細胞にくっつくのをブロックする働きがあります。その結果、アレルギー反応(炎症)を
    食い止めることで、喘息の症状が改善することにつながります。
  2. 投与方法 : 体重や血液中のIgE抗体の量に合わせて2週間または4週間に1回皮下注射します。
    使用が推奨される患者 :
      ・アレルギー抗原(ハウスダスト、ダニなど)に対するIgE値が陽性
      ・総IgE値が30IU/mlから1500IU/mlの値を示す

  3. 製品名:ヌーカラ(一般名:メポリズマブ)
    喘息を重症化させるひとつの要因として、血液中の好酸球が関係しています。好酸球の働きを活性化させるのが、IL-5(インターロイキン-5)という物質です。
    抗IL-5抗体には、IL-5の働きを抑えて、炎症を引き起こす好酸球を減らす作用があります。
    気道に集まる好酸球が減少することで、喘息の症状を改善することにつながります。
  4. 投与方法 : 4週間に1回皮下注射します。
    使用が推奨される患者 : 血液中の好酸球が高い方

  5. 商品名:ファセンラ(一般名:ベンラリズマブ)
    好酸球を活性化させるIL-5(インターロイキン-5)が、好酸球の表面にあるIL-5受容体にくっつくのを妨げる薬です。 さらに、直接好酸球を除去する効果もあります。これによって、喘息の症状を改善することにさせることにつながります。
  6. 投与方法 : 初日、4週後、8週後に皮下注射し、その後8週間隔で継続します。
    使用が推奨される患者 : 血液中の好酸球が高い方

  7. 製品名:デュピクセント(一般名:デュピルマブ)
    IL-4(インターロイキン-4)とIL-13(インターロイキン-13)の働きをおさえることで、気道が狭くなったり、炎症を引き起こすB細胞やマスト細胞の活動を抑えます。これによって喘息の症状を改善させます。
  8. 投与方法 : 初回は2本、その後は1本ずつ2週間ごとに皮下注射します。最初は病院で注射する必要がありますが、
             医師の判断のもと注射手技に問題がなければ、自宅での自己注射が可能となります。
    使用が推奨される患者 : 肺機能検査の中で呼気中の一酸化窒素(NO)が高い方
抗体製剤使用による副作用

初回、2回目の抗体製剤を注射した日は、お薬が体に合わず体調に変化が出る可能性がありますので注射後30分間は病院内で様子を見させていただきます。
また、注射をした後に、注射をした部位(うでやお腹、太もも)に、痛みが生じたり、赤く腫れたり、かゆくなったり、出血する可能性があります。

医療費について

抗体製剤は高額な薬剤ですが、医療費が高額になった場合は、さまざまな助成制度による補助を受けることが可能です。
ご自身、またはご家族の加入されている社会保険の種類を確かめた上で、病院のソーシャルワーカー、社会保険事務所や健康保険、共済組合、自治体の窓口などにおたずねください。

スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎でお悩みのかたへ(当院は舌下免疫療法シダトレン®が処方可能です)
舌下免疫療法について(スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎でお悩みのかたへ)

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、最近では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるように
なりました。
「舌下免疫療法」は、血液検査によりスギ花粉またはダニに対するアレルギー反応が陽性のかたが治療を受ける
ことができます。

  1. スギ花粉症でお悩みのかたへ
    (1) お薬の効果、服用方法
      当院ではシダキュアによる治療が可能です。
      このお薬は、スギ花粉を原料とするエキスから作られており、少量から内服することで体をスギ花粉に慣らし、
      くしゃみ・鼻水をはじめとする花粉症の症状を和らげる治療法です。
      アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日継続して内服する必要があります。
      内服開始日は、アレルギー症状が強く出ないことを確認するため内服後30分間は病院内で様子を見させて
      いただきます。
    (2) 治療期間
      3~5年間行います。最初は副作用が出やすいため2週間後の来院をお願いしています。その後は副作用の
      有無を確認するために1~2か月程度の受診をおすすめしますが、問題がなければ最大90日まで処方薬を
      受け取ることが可能です。
      また、治療開始時期はスギ花粉飛散の少ない6月~12月のみとなります。
  2. ダニによるアレルギー性鼻炎でお悩みのかたへ
    (1) お薬の効果、服用方法
      当院ではアシテアによる治療が可能です。
      このお薬は、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から、繰り返し服用することによって体を慣らして
      いくことで、ダニによるアレルギー性鼻炎の症状を和らげる治療法です。
      アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日継続して内服する必要があります。
      内服開始日は、アレルギー症状が強く出ないことを確認するため内服後30分間は病院内で様子を見させて
      いただきます。
    (2) 治療期間
      3~5年間行います。最初は副作用が出やすいため2週間後の来院をお願いしています。
      その後は副作用の有無を確認するために1~2か月程度の受診をおすすめしますが、問題がなければ
      最大90日まで処方薬を受け取ることが可能です。

よくあるご質問について(スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎共通)

Q1 誰でも処方してもらえますか?

A1 治療前に問診・アレルギー検査を行う必要があります。アレルギー検査の結果、
アレルゲンがスギ花粉(またはダニ)であると診断された方が対象となります。

Q2 いつ診察可能ですか?

A2 当院では、アレルギー科医長の荒川裕佳子先生が専門で診察・治療を行っています。
詳しい診察日に関しては、お問い合わせの上ご確認ください。

Q3 費用はどれくらいかかりますか?

A3 初回はアレルギー検査費で約1万円程度の追加費用がかかりますが、
その後は診察・処方料を含めて、ひと月当たり2,000円~3,000円程度となります。

Q4 何歳から治療できますか?

A4 5歳以上の小児から原則治療可能ですが、当院では小児の診療は行っていません。

Q5 妊娠または妊娠の可能性のある場合は治療できますか?

A5 原則治療はお勧めしていません。

Q6 授乳中の場合でも治療できますか?

A6 母乳にお薬の成分が混じる可能性があるため、治療中は授乳を避けてください。

このページの先頭へ

呼吸リハビリテーション外来

慢性呼吸器疾患においては、包括的な呼吸リハビリテーションが重要です。実際には、薬物療法のみではなく、運動療法や栄養療法、日常生活管理、患者教育などが必要です。 そこで当院では、週に1度、呼吸リハビリテーション外来枠を設け、在宅酸素療法患者様を中心に多職種による包括的な外来診療を行っています。

 呼吸リハビリテーション外来

 呼吸リハビリテーション外来

※患者様からの承諾を得て掲載しております。

このページの先頭へ

呼吸器内科(睡眠呼吸センター) 「呼吸器・アレルギー外来」の診療担当医表

当科初診の場合、受付時間は午前の診察は11:30まで、午後の診察は16:30までとなります。

2診 : 呼吸器・アレルギー外来

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

荒川

-

市川

-

荒川

-

松岡

-

市川

-

このページの先頭へ

呼吸器内科(睡眠呼吸センター) 「呼吸器・アレルギー外来」の担当医師紹介

  • 森 由弘 [モリ ヨシヒロ]
    病院長
    専門分野
    内科一般、呼吸器、感染症、アレルギー
    認定・資格
    日本内科学会 総合内科専門医・指導医
    日本呼吸器学会 専門医・指導医
    日本アレルギー学会 専門医・指導医
    日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医
    日本人間ドック学会 指導医
    ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター(ICD)
    日本医師会 産業医
    香川大学医学部臨床教授
  • 荒川 裕佳子 [アラカワ ユカコ]
    呼吸器内科睡眠・呼吸センター長兼アレルギー科部長
    専門分野
    呼吸器、アレルギー、睡眠呼吸障害
    認定・資格
    日本内科学会 総合内科専門医・指導医
    日本呼吸器学会 専門医・指導医
    日本アレルギー学会 専門医・指導医
    人間ドック学会 指導医
     
     
     
  • 市川 裕久 [イチカワ ヒロヒサ]
    呼吸器内科部長
    専門分野
    呼吸器全般、感染症
    認定・資格
    日本内科学会 総合内科専門医・指導医
    日本呼吸器学会 専門医、指導医
    日本アレルギー学会 専門医
    日本呼吸器内視鏡学会 専門医・気管支鏡指導医
    日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
    ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • 関 祥子 [セキ ショウコ]
    呼吸器内科医師
    専門分野
    呼吸器 
    認定・資格
    日本内科学会 認定内科医
  • 松岡 克浩 [マツオカ カツヒロ]
    呼吸器内科医師
    専門分野
    呼吸器 
    認定・資格
    日本内科学会 認定内科医

個人情報保護方針

このページの先頭へ