診療科・部門のご案内

呼吸器外科

  • 特徴
  • トピックス
  • 診察予定
  • 担当医師紹介

呼吸器外科の特徴

呼吸器外科

当院では、外科の診療科名で、消化器外科、呼吸器外科の医療サービスを提供して参りましたが、2015年6月より、呼吸器外科を新たに開設し、呼吸器領域全般に関する外科的治療を手掛けて行くこととなりました。対象とする疾患は、原発性肺癌・転移性肺腫瘍などの悪性肺腫瘍をはじめ、縦隔腫瘍、気管腫瘍、気胸・肺嚢胞症などの嚢胞性疾患、膿胸・肺真菌症・肺抗酸菌症などの炎症性疾患、手掌多汗症など多岐に渡っています。手術は、基本的に小さな傷で行う胸腔鏡手術による体に負担の少ない手術を心掛けています。自分の家族を手術するつもりで患者さんに接することを肝に銘じ、疾患と治療方法については十分な説明を行い、ご理解頂いた上で治療方針を決定しております。
地域の医療、保険、福祉機関と連携して、必要なときに必要な医療サービスを提供出来るように努め、中規模病院として融通を利かして地域の病院としての責任を果たすことを目指しています。

このページの先頭へ

呼吸器外科のトピックス

※ 項目(+)を押すと詳細が表示されます。

胸腔鏡下手術
単孔式腹腔鏡下手術とは

胸腔鏡下(きょうくうきょうか)手術とは、胸に2~4㎝の小さな創を3ヵ所ほど開けて行う手術です。その穴のひとつから望遠鏡のような筒型の細いカメラ(胸腔鏡)を、残りの穴から、手術道具を挿入します。胸腔内をビデオモニターに映しながら、みんなでこの映像を供覧し、手術をしていきます。 胸腔鏡下手術は従来の開胸術と比べて、切開する筋肉や組織が少なくてすみ、体へのダメージも少なくて済みます。このため、

① 創が小さい。美容的に有利なだけではなく、呼吸運動への手術の影響を少なくできます。
② 痛みが少ない。(全くないわけではありません)
③ 出血や浸出液が少なく、術後に留置する管(ドレーン)の留置期間が短くできる。
などの利点があります。結果、早期に退院が可能となり、社会復帰も早くなります。

いいところばかりではなく、
① 触ることができず病巣がわからないときがある。
② 出血に対する対応が難しい。
③ 分離換気(片側の肺で呼吸すること)が
必要である。
などあり、開胸術に移行する場合もあります。
 標準的な肺癌手術である胸腔鏡下肺葉切除では、手術前日入院、手術を行い、翌日には食事も再開し、歩行もします。2~4日で胸に入っている管(ドレーン)が抜け、術前後あわして1週間程度で退院します。

呼吸器外科の診療予定

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

石川

石川

手術

このページの先頭へ

呼吸器外科の担当医師紹介

  • 石川 真也 [イシカワ シンヤ]
    診療部長兼呼吸器外科部長
    専門分野
    呼吸器外科
    認定・資格
    日本外科学会 外科専門医
    呼吸器外科専門医合同委員会 呼吸器外科専門医
    日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医、指導医
    日本がん治療認定医機構 暫定教育医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

個人情報保護方針

このページの先頭へ