診療科・部門のご案内

総合内科

  • 特徴
  • 診察予定
  • 担当医師紹介

神経内科の特徴

神経内科

神経内科は脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気をみる内科です。
頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、歩行障害、呂律困難、脱力、複視(ものが二つにみえる)、意識消失、もの忘れなどの症状がある方は受診して下さい。
外来は月・火・木の午前中です。
初診の方は、可能な限り地域医療連携室経由または紹介状をもって受診して下さい。
水・金の午後に専門外来(完全予約制)を行っています

主な診療内容

疾患名

 

神経変性疾患

神経変性疾患には、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、運動ニューロン疾患などがあり、これらの病気の診断と治療を行っています。

免疫性神経疾患

免疫性神経疾患とは、中枢神経、末梢神経、神経筋接合部、筋肉の自己免疫を介する病気です。多発性硬化症、重症筋無力症、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、ギラン・バレー症候群、多発性筋炎などがあります。
早期にみつかれば免疫修飾療法が有効であり、積極的に取り組んでいます。

頭痛

頭痛には脳腫瘍やくも膜下出血などの二次性頭痛もありますが、多くは肩こりからや片頭痛などの、機能性(検査で異常がでない)頭痛です。
どのような頭痛なのかを見極め、頭痛のタイプにあった治療を心がけています。
頭痛で困られている方は受診してください。

ボツリヌス毒素治療

眼瞼けいれん・片側顔面けいれん、痙性斜頚に対して、ボツリヌス毒素治療を行っています。
(ボトックス外来 水曜午後)

パーキンソン病

「手足がふるえる」「字が書きにくい」「力がはいらない」「つまずきやすい」「表情がなくなった」「声が小さくなった」「動作が鈍くなった」「歩幅がせまくなった」「歩き方がふらふらする」「姿勢が前かがみになった」。これらの症状は、パーキンソン病でみられる運動症状かもしれません。
 当院のパーキンソン病外来では、パーキンソン病の正確な診断、運動症状に対する治療がその中心になりますが、消化器症状(便秘など)、うつや不安、睡眠異常などの他の症状に関しても診断、治療を行うことで、パーキンソン病患者さんにおける生活の質の改善を目指します。
(パーキンソン病外来 金曜午後)

認知症

認知症は高齢化社会において、たいへん頻度の高い疾患です。
当科では、アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症の早期診断と治療に力を入れています。

神経内科の診療担当医表

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

塚口

-

塚口
(初診)

-

-

塚口
ボトックス
外来

塚口

-

-

塚口
パーキン
ソン病
外来

神経内科の担当医師紹介

  • 塚口 眞砂 [ツカグチ マサゴ]
    神経内科部長
    専門分野
    免疫性神経疾患、パーキンソン病、ボトックス治療
    認定・資格
    日本内科学会 認定内科医・指導医
    日本神経学会 認定専門医・指導医
    日本臨床神経生理学会 認定医
        (筋電図・神経伝導分野)
    日本医師会 産業医
    香川大学医学部 臨床教授

個人情報保護方針

このページの先頭へ