診療科・部門のご案内

糖尿病内分泌内科

  • 特徴
  • トピックス
  • 診察予定
  • 担当医師紹介

糖尿病内分泌内科の特徴

糖尿病

糖尿病

当科では1型・2型糖尿病のいずれの方に対しても診療しております。
糖尿病の治療の目的は単に血糖値を下げることではなく、網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、下肢壊疽等)などの合併症を予防することにあります。糖尿病の合併症はかなり進行してからでないと自覚症状はありませんので定期的な診察・検査により合併症の早期発見・治療を行うことが必要です。
合併症の検査・治療は眼科(網膜症)・腎臓内科(腎症)・循環器内科(虚血性心疾患)、脳神経外科(脳血管疾患)等各科の協力を得て対応しています。
また、糖尿病の方は軽度の足の異常が壊疽等の重篤な状態に至ることがあります。ご自身ではなかなか眼が届かない足の手当てを行っています。
2型糖尿病の方の治療は食事、運動、薬物が3本柱となりますが、食事、運動療法は患者さんの自己管理に負うところ大きく、糖尿病療養についての正しい知識を身に付けていただくことが治療成功の鍵と言っても過言ではありません。
当科では教育入院や糖尿病教室を通じて糖尿病について理解していただくよう努めています。

内分泌疾患(甲状腺・副腎等ホルモンの異常)

ホルモンを作って、分泌する臓器を内分泌臓器と呼びます。
内分泌臓器には甲状腺、副甲状腺、膵臓、副腎、下垂体などがあります。ホルモン産生・作用の異常による疾患については内分泌学会専門医(1名)が担当しています。
薬剤による治療が主になりますが外科的な処置が必要な疾患もありますので、これらについては外科(甲状腺)、泌尿器科(副腎)等の協力を得て治療を行っています。

脂質・尿酸等の異常

検診などで高コレステロール血症、高中性脂肪血症、高尿酸血症を指摘される方が増えています。
糖尿病と同様にこれらの数値に異常があっても自覚症状はまずありません。
ただし、これらが高値のまま長期に渡り放置すると動脈硬化が進展し、脳血管疾患、虚血性心疾患を発症することがあります。
また、高尿酸血症の場合は痛風や腎障害をおこすこともあります。
特に糖尿病の方がこれらの疾患を併発していると合併症(動脈硬化)が進行しやすくなるので注意が必要です。
糖尿病の治療と同様高脂血症や高尿酸血症の治療は将来の合併症(動脈硬化)の予防のために行います。
動脈硬化の進行程度を評価したうえで食生活等の生活習慣を改善や薬物療法により治療を行います。

このページの先頭へ

糖尿病内分泌内科のトピックス

※ 各項目(+)を押すと詳細が表示されます。

糖尿病について

糖尿病とは、血糖(血液中のブドウ糖濃度)が高い状態が長く続く疾患です。糖尿病には、
自己免疫やウィルス感染が原因と言われる1型糖尿病と、“糖尿病になりやすい体質”に過食、運動不足、ストレスといった現代社会の生活習慣が加わり発症する2型糖尿病があります。
1型糖尿病の方は多くの方でご自身の膵臓からのインスリン分泌は枯渇してしまいますのでインスリン注射による治療が必須です。
2型糖尿病の方はご自身の生活に合わせて食事量を整えたうえで足りない部分は内服薬・インスリンで補い血糖値を正常に近づけるようにします。

糖尿病の治療の目的は単に血糖値を下げることではなく、網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、下肢壊疽等)などの合併症を予防することにあります。
現在のところ合併症発症を防ぐためには“血糖をできるだけ正常に近づけること”がもっとも確実な方法ですが、動脈硬化の進展予防のためには禁煙、高血圧・高脂血症の治療も大切になります。
また、糖尿病の合併症はかなり進行してからでないと自覚症状はありませんので定期的な眼科受診(網膜症)、尿の検査(腎症)、負荷心電図、頚動脈超音波検査、下肢血圧測定、等により合併症の早期発見・治療を行うことが必要です。
残念ながら糖尿病は完治する病気ではありませんが、正しくつきあえば怖い病気ではありません。適切な治療により血糖値等を上手くコントロールし、重篤な合併症をおこさなければ日常生活に差し支えることはほとんどありません。

白癬・角化などのチェック

糖尿病になってある程度の時間が経過すると末梢神経障害により足の痛みを感じにくくなったり、動脈硬化が進行して足の血流が悪くなることがあります。
また、白癬(水虫)などの感染症も起こしやすくなります。
これらのことが重なって小さな傷から壊疽等の重篤な状態に至ることがあります。
看護師が足の皮膚・爪の状態をチェックし適切な処置・アドバイスをすることで重篤な病変の予防を心がけています。

外来での運動療法・外来での食事体験・教育入院

教育入院は1?2週間の期間で予め検査等のスケジュールを決めて(クリニカルパス)行っています。
担当医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・臨床検査技師でチームを組んで診療にあたり、皆様の療養のお手伝いをするよう心がけています。

糖尿病教室は1週で1クールとなっています。スケジュールを参考にして御参加ください。

このページの先頭へ

糖尿病内分泌内科の診療担当医表

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

午前

午後

村尾

-

村尾

村尾

村尾

-

村尾
10:00~

村尾
(初診)
14:00~

村尾

-

このページの先頭へ

糖尿病内分泌内科の担当医師紹介

  • 村尾 敏 [ムラオ サトシ]
    診療部長兼糖尿病センター長兼糖尿病内分泌内科部長
    専門分野
    糖尿病、内分泌疾患、動脈硬化
    認定・資格
    日本内科学会 総合内科専門医・指導医
    日本糖尿病学会 専門医・研修指導医
    日本内分泌学会 専門医・指導医
    日本人間ドック学会 認定医・専門医
    日本医師会 産業医

個人情報保護方針

このページの先頭へ