診療科・部門のご案内

薬剤科

薬剤科の特徴

薬剤科では、患者さんが安心して治療を受けていただけるよう、お薬に関するさまざまな業務を行っています。
当院では、ほぼすべての患者さんに病院内でお薬をお渡ししています。患者さんの病状がカルテで確認できるため、一人一人に的確なお薬の説明ができます。
また、病棟薬剤師と外来担当薬剤師が連携して、入院時でも外来時でもお薬を安心して飲んでいただける体制を整えています。
その他、患者さんが最適な治療を受けられるように、すべてのチーム医療に薬剤師が参加しています。薬剤師の専門分野の知識と経験を活かして、医療の質の向上に貢献しています。

このページの先頭へ

薬剤科の業務

外来調剤業務

患者さんに安心してお薬を飲んでいただくために、お薬の飲み合わせやお薬の飲み方などを確認して調剤しています。
患者さんにお薬の説明が必要な場合は、カウンターにて説明しています。お薬の内容によっては「お薬相談室」にて説明しています。お薬に関する質問がございましたらカウンターにて声をおかけ下さい。電話でのお薬に関する質問も受付けています。
また、当院では、お薬の写真、用法・用量、お薬の説明・注意事項をまとめた「お薬説明書」をお薬と一緒にお渡ししています。是非ご活用下さい。

  • 調剤室
    ▲ 調剤室
  • お薬相談室
    ▲お薬相談室
  • お薬説明書
    ▲ お薬説明書
病棟業務

各病棟の担当薬剤師が、病室を訪問してお薬の効果・飲み方、副作用などの説明をしています。
入院時には、現在服用しているお薬やアレルギー・副作用歴についてもお話を伺います。
入院患者さんのお薬に関する質問にもお答えしています。
各病棟に担当薬剤師がおりますので、いつでも声をおかけ下さい。

注射払出し業務

入院患者さんに使用される注射は、薬剤師が用法・用量・相互作用(注射剤がお互いに影響しないか)などの確認を行い、患者さん毎にセットをして病棟へ払出しています。

注射剤混注業務

注射剤混注業務

抗がん剤などの正確で衛生的な作業が必要な注射は、薬剤師が薬局内の製剤室にて調製しています。
また、患者さんの安全のため、複数の薬剤師、医師、看護師が確認して、患者さんに使用する体制をとっています。

医薬品情報提供業務

数多くあるお薬の効果や副作用、お薬の飲み合わせなどの情報は、薬剤師が収集して管理しています。
医師・看護師・その他スタッフへお薬の情報を提供することで、患者さんが安心してお薬を使用していただけるように努めています。

その他の薬剤師の業務
チーム医療への参加

薬剤師は、すべてのチーム医療・委員会に積極的に参加しています。

※ 栄養サポートチーム、呼吸療法委員会、糖尿病委員会、緩和ケアチーム、感染対策チーム、排泄ケアチーム、パス委員会、医療安全管理委員会、救急委員会、輸血療法委員会

薬局だよりの発行

薬局だより

当院では、「お薬説明書」をお渡ししていますが、その裏面に「KKR TAKAMATSU ミニ情報」を毎月連載しています。その中の「薬局だより」には、お薬や健康に関することを掲載し、その他にも当院からのお知らせなどを掲載しています。是非ご覧になって下さい。

個人情報保護方針

このページの先頭へ