診療科・部門のご案内

医療安全管理室

当院における医療安全管理の基本理念

医療安全管理室は、医療の質を向上させ医療安全を推進するための権限を持って行動する病院長の直属機関です。
医療安全は、医療の質に関わる重要な課題です。KKR高松病院は急性期病院としての先端医療を担い、同時に安全な医療を実現する使命を負っています。
安全で質の高い医療の提供には、各職員の普段の研鑽が必要です。
しかし、高度化、複雑化する医療環境において、個人の努力のみに依拠する医療事故防止には限界があり、組織的な安全管理対策が不可欠です。
当院ではこのような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、高松病院全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故をなくし、患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標としています。
病院長のリーダーシップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み、患者さんの安全を確保しつつ必要な医療を提供していきます。

業務内容

  1. 医療安全対策の立案および実施、実施結果の評価
  2. ヒヤリハット事例の収集および分析、ならびに改善策の立案
  3. 医療事故の原因分析および対策の立案
  4. 医療安全管理マニュアル(MRMマニュアル)の見直し・指導および管理
  5. 医療安全に関する教育研修の企画運営
  6. 医療安全に関する職員への啓発・広報

活動内容紹介

  • 医療安全管理室便りの発行
  • 電子カルテ掲示板への医療安全情報の配信
  • 医療安全研修の開催

個人情報保護方針

このページの先頭へ