ご利用の皆さまへ

ドック・健康診断のご案内

  • 施設概要
  • コース内容
  • ドックの流れ
  • 健診の流れ
  • フロアマップ
  • トピックス

コース内容

人間ドック基本コース(半日)

検 査 項 目

身体計測

身長・体重・肥満度(BMI・腹囲・体脂肪率)

眼科検査

視力検査・眼圧検査・眼底検査(無散瞳眼底カメラ)

聴力検査

1000Hz・4000Hz

肺機能検査

肺活量・%肺活量・1秒量・1秒率・%1秒量・肺年齢

尿検査

比重・潜血・蛋白・pH・糖・ケトン体・ビリルビン・ウロビリノーゲン・沈渣

血液学検査

白血球数・赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリット・MCV・MCH・MCHC・白血球分類・血清鉄
血小板数

生化学
(血液蛋白)

総蛋白・蛋白分画・アルブミン・A/G比

生化学
(肝臓・胆道・膵臓)

総ビリルビン・AST・ALT・ALP・γ-GTP・LDH・コリンエステラーゼ

生化学
(腎臓)

尿素窒素・クレアチニン・尿酸・e-GFR・食塩摂取量・Na・K・Ca

生化学
(脂質・糖代謝・甲状腺)

総コレステロール・HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪・空腹時血糖・HbA1c
空腹時インスリン・インスリン抵抗性指数・甲状腺ホルモン検査(TSH)

血清学
(炎症反応・血型)

CRP・血液型(ABO型・Rh型)血液型は初回時のみ実施

血清学
(感染症)

HBs抗原・HCV抗体・ピロリ胃炎検査(ヘリコバクターピロリ抗体、ペプシノゲン)

腹部超音波検査

肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・腎臓・脾臓・前立腺(原則40才以上の男性)など

心電図検査

安静時12誘導

胸部単純X線検査

胸部直接撮影(肺野・心陰影)(デジタルラジオグラフィ)

上部消化管X 線検査
(バリウム検査)

食道・胃・十二指腸直接撮影(デジタルラジオグラフィ)

内科診察

問診・触診・聴診など

太字は従来オプション項目でしたが、2014年度より基本コースとして組み入れた検査です。

人間ドック予約

※上記バナーをクリックすると、別ウインドウで予約画面が立ち上がります。

人間ドックオプション検査(予約が必要です)

オプション検査は、子宮頸がん検診、乳がん検診(Aコース・Bコース)、胃内視鏡検査をはじめ、喫煙者の方等に胸部CT検査、心臓病が心配な方に心臓血管病チェックセット・動脈硬化検査セット、また肥満・イビキを家族から指摘される方に睡眠時無呼吸検査など、多岐にわたりご用意しております。

※ 各項目(+)を押すと詳細が表示されます。

胃内視鏡検査

内視鏡を口または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸の内壁を直接観察します。

見つかる主な疾病

胃がん、胃、十二指腸潰瘍、胃炎、逆流性食道炎など

検査時間

20分

大腸内視鏡検査

大腸がん早期発見のための検査です。
便通異常・血便・腹痛などの自覚症状のある方、また、家族に大腸がん患者がおられる方は一度検査を受けられることをお勧めいたします。

なお、ポリープ切除等は治療となるためドックではできません。
過去にポリープの指摘があった方は、保険診療をお勧めいたします。該当の方は、当日受付にてご相談ください。

見つかる主な疾病

大腸がん、大腸ポリープなど

検査時間

30分

カプセル内視鏡検査(小腸)

カプセル内視鏡検査(小腸)

カプセル内視鏡検査(小腸)は、苦痛がほとんどなく、自然な状態で病変の直接観察が可能な、受診者に優しい検査です。
超小型カメラを内蔵した長さ26㎜、幅10㎜のカプセルを自分で口から飲み込み、通過する消化管(主に小腸)を撮影する検査で、 受診者の方の苦痛や不快感が少ないのが特徴で、より詳細に小腸全体を観察することができます。
医師はカプセルから記録装置に転送された画像にて、クローン病や原因不明の消化管出血など、小腸疾患の診断を行います。
(※非常に稀ですが、カプセルが消化管内の病変により、体内に滞留する報告があります。)

前日からの準備が必要です。
当日は早朝より腸洗浄液を服用し、病院に来ていただきます。
電極装着・カプセル服用後、カプセルが十二指腸を通過した事を確認し、再度腸洗浄液を服用していただきます。
その後一旦ご帰宅いただき、夕方再度病院へお戻りいただきます。
詳細は申し込み後、ご説明します。

見つかる主な疾病

クローン病、原因不明の消化管出血、小腸疾患など

検査時間

8時間

全消化管セット

胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、小腸カプセル内視鏡検査をセットで検査します。

見つかる主な疾病

上記に準ずる

検査時間

上記に準ずる

心臓超音波検査・BNP検査

心臓超音波検査

心臓の大きさ、動き、心臓の筋肉の動きや弁の状態、血液の流れなどを観察し、心臓のポンプが正常に動いているかどうかを判定します。
また、血液検査で心臓の異常をチェックします。

見つかる主な疾病

虚血性心疾患(狭心症)、心臓弁膜症など

検査時間

約1時間

運動負荷心電図検査(トレッドミル)

トレッドミル検査

ベルトコンベアの上を歩くことで、心臓に負荷をかけ心電図異常が誘発されないかどうかを調べます。
安静時では出現しない不整脈や、狭心症を診断することができます。
(狭心症の有無は安静時の心電図では診断できません)

見つかる主な疾病

虚血性心疾患(狭心症)、心臓弁膜症など

検査時間

約1時間

血圧脈波検査(ABI)

血圧脈波検査(ABI)

手足の血圧を同時に測定する検査で下肢閉塞性動脈硬化症の診断と血管年齢の評価ができます。

見つかる主な疾病

主に下肢の閉塞性動脈硬化症、血管年齢測定

検査時間

5分

頸動脈超音波検査

超音波で頸部を観察し、頸動脈に動脈硬化がないか調べる検査です。
直接血管壁を観察することが可能で全身の動脈硬化の目安となります。
(この検査で動脈硬化性変化を認めた方は危険因子に対する治療が必要です。)

見つかる主な疾病

動脈硬化

検査時間

15分

動脈硬化検査セット

運動負荷心電図検査(トレッドミル)、血圧脈波検査(ABI)、頸動脈超音波検査をセットで検査することにより、基本検査では発見困難である狭心症・頸動脈硬化・下肢閉塞性動脈硬化症の有無を診断します。
高血圧・脂質異常症・糖尿病・喫煙歴・血縁のあるご家族に動脈硬化性疾患をお持ちの方は一度検査を受けられることをお勧めいたします。

見つかる主な疾病

狭心症、頸動脈硬化、下肢閉塞性動脈硬化症

検査時間

60分程度

心臓血管病チェックセット

心臓超音波検査・BNP検査、運動負荷心電図検査(トレッドミル)、血圧脈波検査(ABI)、頸動脈超音波検査をセットで検査することにより、動脈硬化性疾患の有無に加え、心機能や弁膜症の有無等を診断します。

見つかる主な疾病

狭心症、頸動脈硬化、下肢閉塞性動脈硬化症、心臓弁膜症

検査時間

90分程度

頭部CT検査

CT装置

脳実質内の腫瘍、萎縮、出血、壊死などの変化を識別します。

見つかる主な疾病

脳梗塞、脳出血、脳腫瘍

検査時間

10分程度

脳・脳血管オプションコース(頭部MRI・頭頸部MRA検査・頸動脈超音波検査)

MRI装置
MRI装置

MRI画像/MRA画像
MRI画像 / MRA画像

頭部MRI・頭頸部MRA検査・頸動脈超音波検査を行います。
MRIは主に脳腫瘍、脳梗塞、くも膜下出血などの発見に、MRAは、血管のみを立体的に抽出し、3D画像により、脳動脈瘤や狭窄等の脳内血管異常の診断をします。
糖尿病・高血圧症・高脂血症・肥満・睡眠時無呼吸症候群など動脈硬化の危険因子をお持ちの方は一度検査を受けられることをお勧めいたします。
X線を用いないので被ばくの心配はありません。
ただし、磁気を用いるため、ペースメーカーを装着している人や、アクセサリーなど金属を体につけたままでは検査できません。

見つかる主な疾病

微小脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脳動脈瘤
脳動脈硬化症、頚部動脈の動脈硬化症

検査時間

約1時間

胸部CT検査

肺ヘリカルCTで撮影します。検査時間は10分程度です。
早期に発見された肺がんは治る病気になってきています。
また、喫煙者の肺気腫は胸部X線検査では発見されません。
喫煙習慣のある方に特にお勧めします。

見つかる主な疾病

肺がん、肺気腫、肺腺維症など

検査時間

10分

糖負荷テスト

ブドウ糖を飲んでいただき、負荷前、1時間後、2時間後の血糖を測定することで判定を行います。
家族に糖尿病の方がおられたり、肥満の方、耐糖能異常の予想される方が対象です。

見つかる主な疾病

糖尿病、耐糖能障害

検査時間

2時間(基本検査とは別日)

前立腺検診(がん腫瘍マーカー・残尿測定)

主に40歳以上の男性が対象です。

前立腺がん検診検査内容

・腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)を血液検査で測定します。
・PSAは前立腺がん以外の正常な組織の中でも存在しており、前立腺がん以外の炎症や肥大症などでも上昇する可能性があります。
・高値を示した場合は専門医を受診し、二次検査(針生検やMRIなど)が必要となります。

前立腺肥大症検査内容(残尿測定検査を2014度より追加)

・前立腺肥大症とは加齢現象による男性ホルモンの低下で前立腺の組織が増大して、中を通る尿道や膀胱に影響を及ぼし、排尿困難や頻尿などの症状をおこす病気です。
・前立腺の肥大は加齢現象であり、程度に差はありますがほぼすべての男性に認めるといわれています。
前立腺のサイズ(容積)は20g 程度が正常とされていますが、サイズが大きいだけでは治療の必要なく、症状が出てくると病気(いわゆる前立腺肥大症)とされています。
・良性の病気ですが、加齢とともに肥大していく進行性の病気であり、適切な時期に投薬や手術による治療が必要とされています。
・検診の基本コースで、40歳以上の方は前立腺の大きさを測定していますが、オプション検査では超音波による残尿測定を追加し肥大症の発見と程度を評価します。
・一般的に残尿が50を超えると治療が必要とされており、放置しておくと膀胱機能の廃絶や腎機能障害を引き起こします。

見つかる主な疾病

前立腺がん

子宮頸がん検診

子宮頸部にできるがんの有無を調べます。

見つかる主な疾病

子宮がん、子宮頸がん、卵巣がん、子宮筋腫など

検査時間

10分

乳がん検診

乳がん検診

検査内容によってAコースとBコースに分かれます。

Aコース : 乳腺超音波検診
Bコース : 乳腺超音波検診とマンモグラフィ

40歳未満の方は、Aコースをお勧めします。
40歳以上の方は、AコースとBコースを1年ごとに交互に受けていただくことをお勧めします。
前回の検診で、マンモグラフィによる経過観察が望ましいと診断された方は、年齢にかかわらず、可能であればBコースをお選びください。

見つかる主な疾病

乳がん

検査時間

Aコースは15分程度、Bコースは30分程度

眼底三次元画像解析検査(OCT)

網膜の中で物を見るのに重要な部分である黄斑部の変性、緑内障の診断をします。
また網膜病変の早期診断に有効な方法です。

見つかる主な疾病

加齢黄斑変性、緑内障、網膜変症など

検査時間

5~15分

睡眠時無呼吸検査(PSG検査)

睡眠時無呼吸検査

人間ドック受診前日夕方にご来院いただき、一泊していただき、いびき、脳波、眼球の動き、酸素不足の有無などを測定し、睡眠時無呼吸症候群の診断をします。
翌日人間ドックを受診していただきます。

見つかる主な疾病

睡眠時無呼吸症候群

※ 検査日は基本検査と別日

睡眠時無呼吸簡易検査

検査機械を自宅に持ち帰り、呼吸筋の動き、酸素不足の有無などを測定し、睡眠時無呼吸症候群の有無を調べる簡易検査です。
この検査にて異常が認められた場合、外来受診となります。その際は保険診療となります。

見つかる主な疾病

睡眠時無呼吸症候群

※ 検査日は基本検査と別日

アディポネクチン検査

アディポネクチンとは、1996年に見出された脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンで、糖尿病や動脈硬化症などを予防する効果があるといわれています。
内臓脂肪が増加すると減少することからメタボリックシンドロームの把握の一助となります。

見つかる主な疾病

メタボリックシンドロームの把握

ファットスキャン(内臓脂肪量の評価)

生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病)の原因が、内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)であることがわかってきました。
CTで内臓脂肪面積を測定します。肥満の評価だけにとどまらず動脈硬化疾患の予防や治療にも重要です。

見つかる主な疾病

内蔵脂肪型肥満

検査時間

5分

骨密度検査(超音波検査)

骨密度検査

骨粗鬆症の早期診断です。
超音波を使って踵(かかと)の骨の一定体積あたりの骨量(骨のミネラル成分の量)を測定します。

見つかる主な疾病

骨粗鬆症

膵臓がん腫瘍マーカー検査

膵臓がん発見のための血液検査です。
(ただし、病気があっても必ずしも高値を示すとは限りません。)

見つかる主な疾病

膵臓がん

甲状腺超音波検査

甲状腺超音波検査

甲状腺超音波検査は首(のどあたり)にゼリーを塗り、超音波装置専用の探触子(プローブ)を当てて測定します。
プローブで表面をなでるだけの検査ですので、痛みはありません。
甲状腺の病気にかかると甲状腺が大きくなりやすいため、まずは甲状腺の大きさを調べます。
次に腫瘍(しこり)の有無を確認します。
腫瘍があった場合は腫瘍の位置や形状、内部の状態を判断します。
甲状腺の大きさや腫瘍の写真を医師が確認し、経過観察あるいは精密検査をお勧めするかを判断します。

甲状腺の病気は、男性では50~100人に一人、女性では39~60人に一人罹患するといわれるように、女性がかかりやすいホルモンの病気です。
疲れやすい、体重の減少や増加、動悸、徐脈や頻脈、月経不順、多汗、眼球突出等の症状は甲状腺が原因の場合も考えられますので検査をお勧めします。

見つかる主な疾病

甲状腺がん、甲状腺腫、甲状腺機能亢進症(バセドウ病ほか)、甲状腺機能低下症(橋本病ほか)、甲状腺炎など

検査時間

5分~7分

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)

アミノインデックスは、採血による検査です。
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康状態やさまざまな病気の可能性を明らかにする技術を活用した解析手法です。
健康な人とがんに罹患している人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を予測する検査です。

※この検査は、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。
それぞれのがんについて、リスクの確立を数値で報告し、リスクの判断目安としてランクに分類します。
数値が高い程癌である確率が高いと言われています。

見つかる主な疾病

胃がん、大腸がん、肺がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん(のリスク)

個人情報保護方針

このページの先頭へ