ご利用の皆さまへ

ドック・健康診断のご案内

  • 施設概要
  • コース内容
  • ドックの流れ
  • 健診の流れ
  • フロアマップ
  • トピックス

トピックス

※ 各項目(+)を押すと詳細が表示されます。

メタボリックシンドロームってなに?

「ちょっと太めが危険の始まり」最近この言葉よく耳にしませんか?これってどういうことなのでしょう?

メタボリックシンドロームとは?

腹部(おへそ周り)に脂肪が多く、さらに脂質異常・高血圧・高血糖のうち2つ以上あてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドロームとは?

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは

体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。 下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積するタイプを「皮下脂肪型肥満」、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよびます。体形からそれぞれ「洋ナシ型肥満」「リンゴ型肥満」ともよばれています。

内臓脂肪と皮下脂肪では、エネルギーの使われ方も違います。 エネルギーの備蓄を預金に例えると、内臓脂肪は日々の生活のための普通預金、皮下脂肪はいざというときに備える定期預金や積立預金といえます。つまり、内臓脂肪は比較的容易にたまるものの、容易に燃焼することができるので、日々の食事や運動を心がければ減らすことは十分に可能です。

メタボリックシンドロームが危険なのはなぜか? その1

「ちょっと太めなだけなのに・・・」という声が聞こえてきそうですが、最近の研究で脂肪細胞が健康をそこなう悪玉活性物質を分泌し、善玉活性物質を減らすことがわかってきたのです!

メタボリックシンドロームが危険なのはなぜか? その1

これらは、日常生活機能を著しく低下させ、あなたが思い描いている夢を叶えることが困難になる恐れもあります!

メタボリックシンドロームが危険なのはなぜか? その2

メタボリックシンドロームが危険なのはなぜか? その2

危険因子が重なるほど動脈硬化になりやすいといわれています。 肥満、高血糖、高血圧、脂質異常の4つの危険因子を、まったくもたない人に比べ、危険因子を持つ人が心臓病を発症するリスクは約5倍、3つ以上持つ人は約36倍です!!

Check!あなたはメタボリックシンドローム?

次の各項目のうち、「YES」に当てはまる項目の数を数えてください。

  • □ ウエストサイズ(へその位置で計測)」が男性で85cm以上、女性90cm以上である
  • □ 塩辛い味付けが好き
  • □ 甘いものが好き
  • □ 肉が好き
  • □ 毎朝、朝ごはんを食べない
  • □ 夜食を食べたり、間食をしたりすることが多い
  • □ 飲みすぎてしまうことが、週2回以上ある
  • □ 食事の栄養バランスに、あまり気を配っていない
  • □ 定期的な運動をしていない
  • □ 1日の歩数は1万歩未満
  • □ ひとつ上の階にあがるときにもエレベーターやエスカレーターを使う
  • □ タバコを吸う
  • □ 睡眠時間が1日7時間以下
  • □ 1日当たりの労働時間が常に9時間を越える
  • □ 何ごとにおいても仕事を優先させてしまう
  • □ 最後に体重を測ったのは2週間以上前である
  • □ 20代の頃と比べ(あるいは最近10年間)、ウエストサイズが10cm以上増えた
  • □ これまで医療機関で「高血圧」「脂質異常」「糖尿病」のいずれかを指摘されたことがある
結果
  • ウエストサイズについての項目が「Yes」なら、それだけでメタボリックシンドロームの危険あり!
  • ウエストサイズに加え、「YES」が5個以上なら要注意!!
  • ウエストサイズに加え、「YES」が10個以上なら危険!!
内臓脂肪を減らすためのポイント ~食事と運動で内臓脂肪を減らしましょう~
食事編

アルコールの1日の適量

1.甘いもの・油っこいものの食べすぎ、お酒の飲みすぎに注意しましょう。
甘いお菓子や脂っこい料理(揚げ物、炒め物、油の多い肉料理など)やお酒の飲みすぎは、体脂肪の蓄積の原因となります。お酒は適量を守り、週に2日は休肝日を作りましょう。

夕食の量は少なめに。朝食と昼食をしっかり食べましょう。

2.夕食の量は少なめに。朝食と昼食をしっかり食べましょう。
夜は日中に比べて消費されるエネルギーが少ないため、残ったエネルギーが脂肪として蓄積されやすいと言われています。
なるべく夕食のボリュームは抑え、その分朝と昼にしっかり食べましょう。よく噛んで食事をすることも満腹感を得る方法としてあげられます。

低カロリーで満足感のある食事をしましょう。

3.低カロリーで満足感のある食事をしましょう。
体脂肪を減らすためには、低カロリーで腹持ちの良い食品をうまく利用するのがコツです。野菜や海草、キノコ類をお食事の中にたっぷり取り入れましょう。
これらの食品にはビタミン・ミネラル・食物繊維などがたくさん含まれています。これらの栄養素をしっかり摂取することによって体脂肪を燃やしやすい体を作ることができます。

運動編

1.日常生活でなるべく動きましょう。
体脂肪を燃やすためには、有酸素運動が最適です。 有酸素運動とは、呼吸によってたくさんの酸素を体内に取り入れながら行う運動のこと。 (例えば、ウォーキング・水泳・エアロビクスなどがあげられます。)
日常生活でも普段から積極的に歩いたり、自転車に乗ったりすることで運動となり、体脂肪を燃やすことができます。

筋肉を鍛えて痩せやすい体質を作りましょう

2.筋肉を鍛えて痩せやすい体質を作りましょう。
筋肉を鍛えることにより、基礎代謝をアップすることができます。 基礎代謝を上げることにより消費されるエネルギー量が増え、体脂肪が蓄積されにくい体を作ることができます。
特に、内臓脂肪が気になる場合は、お腹周りのストレッチなどがおすすめです。

乳癌検診

乳癌検診

乳癌とは乳房にある乳腺(母乳をつくるところ)に発生する癌です。
食生活やライフスタイルの欧米化によって、乳癌発症数は年々増加、日本人女性の20~30人に1人が乳癌にかかると言われています。しかし、早期発見できれば(2cm以下で転移のない乳癌)その90%近くが治ります。
早期発見のために、乳癌検診を受けましょう。

乳癌検診の種類

当院では乳腺エコーとマンモグラフィを実施しています。

乳腺エコー

放射線被曝が無く、どの年齢層の方にも非常に有用です。
当院では、全ての方に、毎年受けて頂きたいと考えております。

マンモグラフィ

エコーではわからない石灰化などの検出にすぐれていますが、検査の性質上、乳腺に病変が隠れてしまう場合もあります(若年層ほど乳腺が発達)。
わずかではありますが放射線被曝もあり、当院では、原則40歳以上の方に2年に1回の乳腺エコー・マンモグラフィ併用検診をお勧めしています。

乳癌検診コースと対象者

Aコース

乳腺エコー

Bコース

乳腺エコー+マンモグラフィ (2方向撮影)

乳癌エコー

・ 39歳以下の方は、Aコースをお選び下さい。
・ 40歳以上の方は、1年ごとに交互にお選び下さい。

※ 前回の検診等でマンモグラフィによる経過観察が望ましいと診断された方は、年齢に関わらず、可能であればBコースをお選び下さい。

アディポネクチンとは?

アディポネクチン

アディポネクチンとは内臓脂肪細胞で作られる超善玉物質で私達の健康維持に重要な役割をはたしています。アディポは『脂肪』、ネクチンは『くっつく』という意味があります。
アディポネクチンの分泌は内臓脂肪と関連が深く、内臓脂肪が増加すると血液中のアディポネクチンは減少します。心筋梗塞などの冠動脈疾患ではアディポネクチンが低いほど死亡率が高くなります。また糖尿病でもこの数値は低くなり、インスリン感受性が低いことも報告されており、動脈硬化も高率に発現するようです。

アディポネクチンの作用

  1. 動脈硬化抑制作用

  2. 糖尿病などのメタボリックシンドロームの予防

  3. 脂肪燃焼作用

基準値は4.0μg/ml以上で、それを下回ると動脈硬化や糖尿病などのメタボリックシンドロームになる可能性が高くなります。

アディポネクチンを増やすためには・・・

タバコ

運動

  1. 運動と食事量を調節して内臓脂肪を減らす

  2. タバコは控える

  3. お酒を飲みすぎない

ピロリ胃炎検査とは?
「胃がん・ピロリ胃炎検診」について

胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気の原因は、ピロリ菌と呼ばれる細菌であることが、既に判明しています。 特に、年間発症数が5万人を超える「胃がん」においては、その99%はピロリ菌が原因であることが証明されています。
ピロリ菌は、幼児期に口から感染しますが、大人になって慢性胃炎が進行した人の一部から胃がんが発症しています。
当院人間ドックの「ピロリ胃炎検査」は、通常の「胃がん検診」(バリウムによるX線検査または内視鏡検査)に加えて、血液検査によって胃がんリスクを評価する方法です。

血液を用いた検査は、次の2種類です。

胃がん・ピロリ胃炎検診

ピロリ菌抗体検査

ピロリ菌の有無を調べます。
(-)感染なし、(±)感染の疑いあるいは過去の感染、(+)感染ありのいずれかに判定されます。

ペプシノゲン検査

慢性胃炎の進行具合を調べます。
(-)正常から軽度の胃炎、(+)慢性胃炎に分類されます。

【注意点】既に除菌治療を受けた人、胃の手術を受けた人、胃薬を内服している人、腎機能が低下している人では、必ずしも正しい数字を示さないことがあります。

「ピロリ菌の除菌」について

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌に感染していることが判明した方には、薬による除菌治療をお勧めしています。
ただし、除菌前には尿素呼気試験で最終確認することが重要です(絶食で行います)。
ピロリ菌を専門とする「ヘリコバクター学会」では、ピロリ菌を感染症と位置付け、除菌するよう、推奨しています。ピロリ菌は、人の唾液を介して感染すると言われており、人に移さないためにも、除菌しておくことが望ましいという考えです。
ピロリ菌を除菌する理由は、もう一つあります。それは、胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの、様々な胃の病気を予防する目的です。
ピロリ菌を除菌しておくと、将来、胃がんを発症する危険性が三分の一になると言われています。除菌の方法は、抗生物質と胃薬を組み合わせて、一週間内服する方法が一般的です。
除菌治療の注意点ですが、一部の人に薬の副作用(下痢、薬疹、発熱、味覚異常、全身倦怠感など)や、アレルギーが起こる可能性があります。(軽い副作用も含めると10%程度で、全体の95%以上の人が最後まで内服できています。)また、普段服用している薬剤との相互作用、さらに喫煙量などの影響を考えなければいけませんので、出来ればヘリコバクター学会の認定する、「へリコバクターピロリ感染症認定医」の所属する病院等で、除菌治療を実施することが望ましいと思われます。
もちろん、当院では、同認定医による専門外来を行っています。

個人情報保護方針

このページの先頭へ