高松病院のご紹介

病院長あいさつ

KKR高松病院 病院長 厚井 文一

KKR高松病院は昭和26年に国家公務員共済組合連合会によって設立されました。現在では地域の皆様に広く開かれた公的病院となっています。
病院理念は「職員が働きたい、働いてよかった。地域の患者さんがかかりたい、かかって良かった、といえる医療を常にめざしております」というものです。

病院のキーワードは①地域医療 ②救急医療 ③チーム医療 ④生活習慣病の予防から治療まで ⑤研修教育制度、であります。
高松医療圏の2次救急輪番病院となっています。昭和62年頃から一次二次救急医療に注力しており、一時は高松医療圏内でもトップの数になる、時間外救急患者を受け入れていました。診療体制は、総合内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、代謝糖尿病内科、アレルギー科、リウマチ膠原病内科、放射線診断科、一般外科、血管外科、消化器外科、呼吸器外科、泌尿器科、麻酔科、眼科、リハビリテーション科、による科別の診療体制を縦糸とすると同時に、チーム医療体制を取っており、心臓血管病センター、睡眠呼吸センター、代謝・糖尿病センター、腎臓・透析センターを組織し、それぞれに認定専門コメディカルスタッフが常に医師と共に診察をリードする体制を整えています。

それを支えるために、医師によるトップダウン管理だけでなく、多職種のコメディカルが参画する「チーム医療」を進めてきました。栄養、呼吸、循環、排泄、疼痛、がん化学療法の各分野にそれぞれ多職種が参画しています。このことは診療所や施設の先生方から紹介を頂いた患者さんとその家族にとり、満足度がより高い医療を受けていただける可能性があると考えています。今後、「在宅医療」「地域包括ケア」が一層進展していく情勢ですが、多職種連携のチームの技量などを皆様により知っていただき、利用して頂き、在宅医療、地域医療へ携わる皆様への強力なバックアップ機能を果たしたいと考えています。

地域医療連携室の看護師やスタッフが受診、入院の予約、案内、退院後の連絡、施設などの紹介を行なっています。
また、医療人としてわくわくするようなキャリアアップが出来るように、コメディカルの方々の専門認定を取得する補助制度を設けています。医療人としての明確な計画や希望を持って一緒に働く各種専門職を常に歓迎します。

医師の研修教育面では、内科学会認定の教育病院であることから、平成20年度の新臨床研修制度開始依頼、香川大学医学部との協力型初期臨床研修病院の一つとして研修教育に注力してきました。平成27年度まで初期臨床研修医数は68名に達しています。平成29年度から開始される新専門医制度における専門研修施設であり、大学の連携施設として、また基幹施設としてもプログラム準備を行っています。いつでも問い合わせて下さい。

KKR高松病院 病院長 厚井 文一

個人情報保護方針

このページの先頭へ