平成29年度 KKR高松 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 43 82 109 259 360 776 1100 1047 341
全体で見ると、60歳以上の患者さんが、全体の約8割を占めております。
10代~30代は、肺炎やアレルギー肺疾患、喘息等の呼吸器疾患、虫垂炎・腸炎等の消化器疾患が主となっております。
40代、50代、60代以上と年齢が高くなるにつれて、狭心症・心筋梗塞等の虚血性心臓病、胃癌・大腸癌・胆のう炎・腸閉塞等の消化器疾患に加え、慢性閉塞性肺疾患・肺炎等の呼吸器疾患、腎臓病や泌尿器疾患の割合が増えております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 52 21.58 20.83 0.13 86.15
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 29 12.55 10.61 0.00 79.07
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 20 15.90 12.34 0.09 77.95
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし 18 7.89 3.59 0.00 79.17
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 18 22.28 19.65 0.00 71.83
肺炎・誤嚥性肺炎が主となっております。内科の肺炎については80件でしたが、平成28年度診療報酬改定においてDPCコードの分類が多岐に分かれたため内科の患者数上位5位に掲載されておりません。
平均在院日数は全国と比較して平均的な日数となっております。
また、尿路感染症や腎盂腎炎といった細菌感染に対する加療も当科で行っております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし 33 4.94 3.59 0.00 69.85
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 27 19.59 20.83 0.06 86.56
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 23 12.30 19.65 0.03 64.17
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 20 15.45 11.99 0.03 72.65
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 17 15.29 13.83 0.03 74.06
肺炎・誤嚥性肺炎・間質性肺炎・肺癌が主となっております。呼吸器内科の肺炎については132件の患者数でしたが、平成28年度診療報酬改定においてDPCコードの分類が多岐に分かれたため内科の患者数上位5位に掲載されておりません。
全国の平均在院日数と比べて平均的な日数となっております。
肺炎や誤嚥性肺炎以外にも慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎など酸素療法や人工呼吸、呼吸器リハビリテーションなど徹底した呼吸器管理が必要な場合も多く、機器の導入から管理、退院後の日常生活まで多職種と連携しながらチーム医療を展開し取り組んでおります。
他に、睡眠時無呼吸症候群に対するPSG入院を多く行っておりますが、短期滞在手術等基本料3に該当しており、集計対象となっていないため掲載しておりません。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 38 12.45 10.61 0.00 79.42
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 33 6.88 4.47 0.00 75.03
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 27 8.81 8.98 0.00 67.56
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 25 6.48 7.87 0.00 63.36
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 5.87 7.39 0.00 59.43
胃癌、肝細胞癌、大腸癌、大腸憩室・消化管出血・大腸ポリープ・大腸腺腫・総胆管結石・胆のう炎等の消化器系疾患に対し、内視鏡による検査や治療を行っております。
肝細胞癌では、ラジオ波焼灼療法が主で、上部・下部消化管出血に対しては、緊急内視鏡検査や止血術を行える体制を敷いております。
出血源の特定が困難な場合などでは、カプセル内視鏡を行うこともできます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 14.83 12.23 0.06 70.09
110320xx99xxxx 腎,泌尿器の疾患(その他) 手術なし 10 4.00 9.62 0.00 61.80
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2なし 定義副傷病なし - - 8.50 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2_1あり - - 36.38 - -
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 処置2なし - - 22.12 - -
慢性腎不全が主で、CKD(慢性腎臓病)による予防医療も行っております。
人工透析を導入する場合は、血液透析を行うために必要なシャントを造設し、シャント部が閉塞した場合には閉塞解除を行えるよう対応しております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 13 28.23 18.66 0.00 77.08
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 20.83 - -
01021xxxxx0x0x 認知症 処置1なし 定義副傷病なし - - 13.96 - -
010160xx97x00x パーキンソン病 手術あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 19.47 - -
010130xx99x0xx 重症筋無力症 手術なし 処置2なし - - 15.52 - -
パーキンソン病が占めております。誤嚥性肺炎や脳梗塞後遺症、認知症などの合併症の予防と治療を行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 219 2.19 3.03 0.09 65.77
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 137 3.55 4.62 0.03 70.01
050050xx99101x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病あり 76 2.75 5.04 0.00 81.42
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 76 16.01 17.71 0.06 86.62
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 定義副傷病なし 32 11.19 11.21 0.00 81.56
心臓カテーテル検査及び心血管インターベンション治療を行っており、虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞等)が約6割を占めております。
緊急の場合でも対応できるよう、24時間受け入れできる体制で取り組んでおります。
また、虚血性心臓病や心不全などの病状を改善するため、心臓リハビリテーションの早期介入や在宅酸素療法などに力を入れ、多職種と連動しながらチーム医療を展開し取り組んでおります。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病あり 85歳未満 - - 15.87 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 - - 11.16 - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 - - 14.27 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし - - 12.34 - -
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 85歳未満 - - 11.90 - -
糖尿病のための入院では食事の見直し・薬剤の調節とともに動脈硬化を含めた合併症の評価と治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 41 10.32 7.40 0.00 67.32
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 28 6.21 5.56 0.00 35.07
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 16 23.50 17.27 0.00 68.25
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 13 6.31 8.98 0.03 78.85
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし 12 3.42 4.31 0.00 78.33
鼠径ヘルニアや胆嚢炎、虫垂炎、胃癌、大腸癌といった消化器系の疾患に対する手術が主となっております。
胆のう炎や虫垂炎、鼠径ヘルニアに対しては、腹腔鏡下による手術が中心となっております。
虫垂炎や腸閉塞に対する保存的療法も行われ、消化器内科と連携しながら診療しており、手術が適応となった場合には当科で手術を施行しております。
胃癌や大腸癌など悪性腫瘍の手術や化学療法に対しても多職種で連携しながらチーム医療を展開し取り組んでおります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 14 9.79 12.35 0.00 66.43
040200xx99x00x 気胸 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 9.14 - -
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 定義副傷病なし - - 10.04 - -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし - - 3.59 - -
040050xx99x4xx 胸壁腫瘍,胸膜腫瘍 手術なし 処置2_4あり - - 11.69 - -
原発性肺癌・転移性肺腫瘍などの悪性肺腫瘍をはじめ、縦隔腫瘍、気管腫瘍、気胸・肺嚢胞症などの嚢胞性疾患、膿胸・肺真菌症・肺抗酸菌症などの炎症性疾患など多岐に渡っています。手術は、基本的に小さな傷で行う胸腔鏡手術による体に負担の少ない手術を中心に行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 定義副傷病なし 50 5.64 5.75 0.03 62.80
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 30 7.23 7.31 0.00 72.97
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石,異物摘出術 経尿道的手術等 18 3.94 5.74 0.06 71.83
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 12 12.25 12.92 0.00 71.17
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 12 2.42 5.39 0.00 55.17
尿管結石や膀胱癌、前立腺肥大症といいた腎臓・尿路系の疾患に対する手術加療を中心に行っております。
尿管結石、腎結石、膀胱癌、前立腺癌に対しては経尿道的手術を行っており、在院日数は全国平均と比べて短い日数となっております。
女性スタッフによる女性泌尿器科外来では、女性からの頻尿・尿失禁、骨盤臓器脱といった相談が増え、先進医療である『腹腔鏡下仙骨腟固定術』を積極的に行っております。
他に、前立腺癌の診断に必要な前立腺生検という組織検査を多く行っておりますが、短期滞在手術等基本料3に該当しており、集計対象となっていないため掲載しておりません。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160250xxxx0xxx 眼損傷 処置1なし - - 4.94 - -
白内障の手術を最も多くおこなっておりますが、短期滞在手術等基本料3に該当しており、集計対象となっていないため掲載しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 - - 13 - - 1 7
大腸癌 13 - 11 42 14 42 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 21 - 17 48 50 19 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌において、早期でⅠ期の患者さんに対しては内視鏡的治療を行っております。
癌の発生部位によって内視鏡的治療が困難な場合は胃全摘となる場合もあります。
Ⅲ~Ⅳ期の場合には手術や化学療法といった治療を患者さんの状態に合わせながら行っております。
大腸癌においてⅠ~Ⅱ期の患者さんに対しては内視鏡や腹腔鏡下による治療を行っております。
Ⅲ~Ⅳ期の場合には手術及び化学療法を行っております。
乳癌は、Ⅰ~Ⅱ期がほとんどで、手術を行っております。
肺癌では、Ⅰ~Ⅱ期の場合、手術を行っており、胸腔鏡下による手術がほとんどとなっております。
Ⅳ期の場合は化学療法を行う患者さんが中心となっております。
また、病期分類不明者数については、内視鏡による1泊2日の検査入院で入院期間中にステージングを行わないため不明欄に件数が挙がっております。
肝癌では、ラジオ波焼灼療法を中心に行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 32 9.59 53.72
中等症 168 17.15 78.58
重症 46 20.63 83.78
超重症 - - -
不明 - - -
重症度は、市中肺炎(※1)ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)(※2)により分類しています。
※1
  市中肺炎・・・普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のこと
※2
  ①A(Age)・・・男性70歳以上、女性75歳以上 ②D(Dehydration)・・・BUN 21mg/dl以上または脱水
  ③R(Respiration)・・・SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下) ④O(Orientation)・・・意識障害あり
  ⑤P(Pressure)・・・血圧(収縮期)90mmHg以下
   上記①~⑤の項目に当てはまる項目数により重症度を判定

重症度0(軽症)の場合、基本的には外来加療ですが、患者さんの状態よって、入院加療となります。
重症度1~2(中等症)の患者さんが最も多くなっております。
重症度が上がるほど平均年齢が高くなり、平均在院日数が長くなる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 16 34.19 83.88 11.1
その他 - - - -
平均年齢が約84歳と高齢で平均在院日数1ヶ月程度となっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 29 1.62 14.55 3.45 82.41
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 0.42 1.19 0.00 66.73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 15 4.20 20.07 53.33 82.20
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - -- -
消化管出血・大腸ポリープ・大腸腺腫・総胆管結石等の消化器系疾患に対して内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的胆道結石除去術、内視鏡的消化管止血術、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術といった内視鏡手術が中心となっております。
緊急の場合でも対応できるよう、24時間受け入れできる体制で取り組んでおります。
高齢で肺炎、誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患で当該手術が望ましいと判断された場合や、経口摂取困難な場合、胃瘻造設術も行っております。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - -
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
手術件数は10件未満で集計対象となっていないため掲載しておりません。
胃瘻造設術については、高齢で肺炎、誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患で当該手術が望ましいと判断された場合や、経口摂取困難な場合などで行うことがあります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 0.22 21.53 3.13 21.53
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 24 1.13 1.58 0.00 74.75
K654 内視鏡的消化管止血術 21 0.19 14.33 4.76 68.29
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 14 1.00 6.43 0.00 74.43
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 10 1.10 8.00 0.00 72.40
消化管出血・大腸ポリープ・大腸腺腫・総胆管結石・胆のう炎等の消化器系疾患に対して内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的胆道結石除去術、内視鏡的消化管止血術、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術といった内視鏡手術が中心となっております。
緊急の場合でも対応できるよう、24時間受け入れできる体制で取り組んでおります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 12 9.17 22.67 0.00 69.58
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
内シャント設置術やシャントが狭窄/閉塞した場合などに行う経皮的シャント拡張術・血栓除去術、患者さんの血管でシャントが作れない場合に行う、人工血管の移植術を行っております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
手術件数は10件未満で集計表示の対象となっていないため掲載しておりません。
胃瘻造設術については、高齢でパーキンソン病、認知症などで当該手術が望ましいと判断された場合や、経口摂取困難な場合などで行うことがあります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 105 105 2.50 0.95 70.01
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 27 3.67 12.11 0.00 81.93
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 27 0.04 18.22 3.70 68.74
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 21 0.05 1.86 0.00 71.38
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 18 0.17 2.94 0.00 73.33
虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞等)に対して経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術といった心血管インターベンション治療を行っております。
緊急の場合でも対応できるよう、24時間受け入れできる体制で取り組んでおります。
糖尿内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
手術件数は10件未満で集計表示の対象となっていないため掲載しておりません。
当科における手術は網膜光凝固術のみで糖尿病教育入院や糖尿病コントロール入院、合併症精査入院した際に発見された場合に行われております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 2.10 7.02 2.08 66.27
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 37 1.24 4.19 0.00 69.19
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.44 4.63 0.00 33.52
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 4.42 12.25 0.00 70.83
K6335 鼠径ヘルニア手術 11 1.00 4.82 0.00 67.45
胃癌、大腸癌、鼠径ヘルニア、胆のう結石や胆嚢炎、虫垂炎といった消化器系疾患に対する手術が主となっております。
胆のう結石や胆のう炎、虫垂炎、鼠径ヘルニアに対する手術では腹腔鏡による手術を中心に行っております。
鼠径ヘルニア手術や腹腔鏡下胆嚢摘出術では入院翌日に手術が行われ、術後1週間程度での退院となっております。
急性虫垂炎や消化管穿孔による腹膜炎などの緊急手術にも対応できるよう24時間受け入れできる体制で取り組んでおります。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 10 5.90 7.70 0.00 53.50
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) - - - - -
呼吸器領域全般に関する外科的治療を手掛けており、原発性肺癌・転移性肺腫瘍などの悪性肺腫瘍をはじめ、縦隔腫瘍、気管腫瘍、気胸・肺嚢胞症などの嚢胞性疾患、膿胸・肺真菌症・肺抗酸菌症などの炎症性疾患など多岐に渡っています。手術は、基本的に小さな傷で行う胸腔鏡手術による体に負担の少ない手術を中心に行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 38 1.89 6.61 0.00 68.26
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 33 0.82 1.09 0.00 63.09
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 31 1.13 5.00 0.00 73.35
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 0.59 13.82 13.63 71.95
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 12 0.83 1.50 16.67 73.67
膀胱・子宮脱、膀胱癌、尿路結石、尿管・尿路閉塞を伴う水腎症に対して経尿道的手術を主に行っております。
膀胱癌は再発することが多く、定期的に検査を行い、結果によって複数回手術が行われることもあります。
膀胱癌、尿路結石ともに経尿道的手術は入院当日あるいは翌日に行い、術後も早く退院できるよう体制を敷いております。
女性泌尿器科外来の開設以降、膀胱脱手術や子宮脱手術の症例が最も多く、先進医療である『腹腔鏡下仙骨腟固定術』を積極的に行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 152 0.00 0.82 0.00 73.65
K274 前房、虹彩内異物除去術 - - - - -
白内障に対する水晶体再建術を行っております。入院当日に手術を受けていただき、手術当日もしくは翌日には退院可能となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.34
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.41
異なる - -
播種性血管内凝固や敗血症は、DPC点数が高額に設定されているため、コーディングを行う際には、臨床的に根拠があるかなど慎重に行う必要があります。
播種性血管内凝固の発生率は0.06%、敗血症・その他の真菌感染症は0.41%、 手術・術後の合併症は0.47%(10件未満の箇所は上記表には記載しておりません)となっております。
手術・処置等の合併症については、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一で透析シャント閉塞・生検後出血・カテーテル感染症などの症例でした。手術・処置等の合併症は起こさないよう努めておりますが、起こりうる合併症については事前に十分に患者さんに説明をさせていただき、同意をいただいております。
更新履歴